美白化粧品の効果

シミと美白を目指したい

紫外線が強くなってくる時期に、薬局などの店頭では全面的に美白化粧品が商品棚を大きく占める。さて沢山並んだ美白化粧品の中で、一体どれを選べば良いのか。素人目にはどれも違いが分からず、結局美容部員の勧めるがままの商品を何となく選ぶ、という人は多いのではないだろうか。各言う私自身もそうだから。どんな違いがあって、それぞれどんな特徴を持つのか。ぱっと見でパッケージに大きく「美白」と書かれていたり、白くてきれいなデザインだったり、なんとなく(美白してくれそう)という雰囲気に騙されてはいけない。商品を購入する際には、全成分表を確認のうえキチンと美白成分が配合されているものを選ぶのが正解。そもそも美白成分の働きとは、紫外線にあたると肌の中で「メラニンを作れ!」という指令が出てメラニン色素が作られ始めるのだが、このプロセスのどこかの段階で抑えるのが美白成分の働きだそうだ。メラニン色素が作られるのを抑えるタイミングは、配合された美白成分によって異なるらしい。つまり、メラニンの生成を抑えるのが美白成分の働きなので、ニキビ跡の赤みなどメラニン色素によるものでない色は白くすることができないという。「美白」というと、肌全体を真っ白にしてくれるものと思われがちだが、その辺の知識がないと「なんだやっぱりコレも効果がない」と商品自体を否定してしまう結果につながりかねない。出来てしまったシミも、どのようなタイプのモノかしっかり見極めて、使用する美白化粧品がどのような効果を持つのか知ると言うコトも大事なことということだ。
美白もそうですが、やっぱり顔のシミはかなり気になってるところですね。やっぱりまず知りたいのは原因でしょうか。
シミの原因は?